進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

タグ:頻回透析

人工透析を受ける事になり、病院側から問答無用で「週3回×1回4時間」の透析を受けるように指示されました。今はそれが1回6時間にはなってますが、この透析スタイルが1番自分に合ってるかどうかは全部試した訳では無いので何とも言えません。 ...

「適正透析」と言われた時に、僕の場合は患者の精神性を重視する訳ですが、自らの体に起きている事に、余りに無頓着な高齢患者さんが余りに多い訳です。普通は知らなければ学ぼうという姿勢がみられるはずなんですが、勝手な妄想で訳の分からん健康法を取り入れ返って体調を悪くしてる患者さんがいます。 ...

人工透析では、体の小さい人のほうが有利という話をよく聞きますね。 確かに、長期透析者表彰でも表彰されている患者さんは体の小さいかたが多いと感じますね。 あくまで僕の主観ですが。(そう思っているからそう見えるという部分もあるかも) やはり、体が小さい人のほう ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ