進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

タグ:人工透析

現代の批判的な社会環境は、いつ批判が自分に向けられるか分からないくらい難しい時代です。透析医療はその社会的批判を受けやすい状態にあり、患者のみならず透析医療従事者も自覚が必要になってきました。 ...

人工透析で起きる症状で、「血圧低下」はかなり重視して考えておくべきです。動脈硬化の促進に繋がりますので、いかに血圧低下を起こさないかが重要です。 ...

僕が38歳で透析導入し、あまりに周りの患者さんたちがお亡くなりになられてしまうので、僕自身もそうなると思ってしまい、ヘタレて行った経緯があります。 まあ、しかし、後期高齢者である75歳以上で透析導入された方と、50歳未満で透析導入された方では、明らかに予後が違 ...

厚労省が「新規人工透析導入患者の1割削減」を掲げました。しかし、実際に僕の過去の経験から、この問題は奥が深いと考えます。「腎臓内科医」に紹介状を書き、保存期腎不全患者をちゃんと振ってくれるのでしょうか。 ...

透析を受けるようになって、「人工透析」をどう考えるかは人によって違うでしょう。しかし、人工透析を味方にするか、敵に回すかで、こんなにも人生が違ってしまうというのは確かなようです。 ...

日本は災害の多い国です。もしも震災に襲われたら、明日の透析がどうなるかは予測不能です。そういう意味では毎回の透析の重要性が大きいなと経験者さんの語りから感じられますね。 ...

透析時間は患者の飲食にダイレクトに影響を与えるため、QOLに大きな差を生みます。生活上不可能であれば仕方ありませんが、透析時間をせめて5時間までは延ばしてくれる病院が増えてくれると有難いです。 ...

透析医療の論文などには「患者教育」という言葉があります。それは透析を受ける事によって生活の幅が狭くなり、生きる事や目的意識が持てなくなってしまう事が原因の根本にあります。果たしてこのままで良いのか。透析の現状と未来への展望 ...

人工透析と食事管理。上手に摂生出来て食のストレスが少ない患者さんも多いです。インスタ映えという時代で、透析患者さんであってもSNSで豪華な食べ物をアップしている人も多いですが、それでもあまり増えてない人もいます。ちゃんと食べてるのに。一体何がどう違うのか、様々なヒントに気付けるかどうかが鍵ですね。 ...

ある方と色々話していくうちに今まで知らなかった単語が出てきて興味が湧きました。それは「DHEA」と「還元型アルブミン」、「酸化型アルブミン」という3つの単語でした。DHEA・・・?DHAとEPAの事ですか?「違います!」 ...

人工透析では患者も医療従事者も、ともすれば増え幅や除水量ばかりに目が行きがちです。しかし、大切なのはそれだけではありません。しっかり透析し、毒素を少しでも多く引く事で、異所性石灰化などの合併症を防ぐ(予防する)事も可能なのです。 ...

今回の診療報酬改定で各透析病院が様々な対応を取っており、これまでに異例なほど変わっている様が見て取れます。しかし、国や厚労省が透析医療をどうしたいのかの先を見越してやっていかないと、収益は出せなくなる危険が混在しております。 ...

診療報酬改定2018によって透析医療に変革が始まっていますが、そこには超高齢化社会と人口減(少子化)という裏の問題があります。その意味合いを正しく理解していない透析病院や患者は煽りを受けていく事になるという事が理解できていないと損失を受けてしまう人工透析未来について。 ...

やはり、「人工透析」というのは精神的に厳しいのでしょうな。 まず、医療従事者さんや他の患者さんとの人間関係などもありますからね。 透析導入期から順調に来られた患者さんでも、人間関係で躓いてしまい、透析を受ける事に苦痛を感じてしまうというパターンの人も多い ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ