進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

タグ:オーバーナイト透析

*これは、ある透析医の先生の主観とそれに対する僕の考えです。 まあ、透析というのが昔のように儲からなくなったというのは、いまだ知らない患者さんも時々見かけてしまいます。 確かに1980年代頃に一時、今の2~3倍の診療報酬が付いていた事があり、当時の透析病院が見 ...

香川県には僕が透析している病院やまた、他にも長時間透析に明るい病院がいくつかあります。 ところがですな。 僕の通う病院はそもそも歴史も長いので現在かなり患者数が増え、限界値まで来てると思うんですが、高松市内の高松にれクリニックなどは、患者さんが集まらないん ...

まあ、ネット世界に入って来てる患者さんたちはほとんどの方が問題ありません(ある方もいますが)。 要は、人工透析は視野が狭くなりやすいんですよね。 次第に病院と家の往復だけの生活に陥りやすいです。 これが視野を狭める第一要因ですな(-_-;) ...

僕が透析病院の経営者だったらどうするだろう? というのも考えますな。 単に金儲けがしたいだけだったら、オンラインHDF3時間透析を日中に3回転させますね。 朝8時から午前チームをスタートさせ、11時半から第2グループ、3時から第3グループとします。 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ