進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

カテゴリ: ●人生を変えるウラ思考法

ゲームのシムシティで街を作りますと(街を作って発展させるというゲームです)、必ず作らなければならない施設があります。 街の治安を守るために「警察署」。 火災などを小規模で収めるのに必要な「消防署」。 街の運営をしてくために必要な「市庁舎」。 病気や怪我に対応 ...

先日、朝にテレビを付けましたら、タレントの渡辺徹さんが出てましてお話をされてました。その内容が良かったのでアレンジして書いてみました。 ...

どっからどう見ても、「運」が良さそうな人と、悪そうな人っているんですが、何がどうかかわってるのか? 実は「運」は平等なのに、掴みやすい人と掴めない人がいるようです。 ...

「優しさ」の定義って相当に難しいんですよね。でも、「優しさ」というのは世の中にとても大切で、人の心を「ほっこり」させる媚薬のようなものなのです。 時には厳しい言葉も「優しさ」になる事もあります。 ...

これ、何の話かといいますとね。 例えば、お子さんが将来何になりたいかを語る時に、 「看護師」とか「警察官」とか言ってる分には問題ないんですが、「プロ野球選手」、「サッカー選手」とか、少年チームでもレギュラーになれない子が言ってたりとか、まだこの程度なら良い ...

なるほど(*'▽') まあ、僕にしたって怠ける部分をたくさん持ってますよ~。 誰でもあるのではないかと。 特に僕らは慢性腎不全を持ってて、体力に欠ける部分もあるので、踏ん張りが少し弱いと思いますね。 これはもうある意味、仕方ないかな~、とも思うんです。 ...

「人工透析」に「引き寄せの法則」は使えるのか? という問題があります。 実際にあった本当の話なのですが、透析仲間の1人はその時、ある資格を取ろうと頑張っていました。 当時、透析10年を過ぎていました。 しかし、その資格を取るためには、最後にある1週間の合宿セミ ...

いや~、2016年9月。 例の長谷川豊氏の暴言ブログによって、僕ら透析患者の大勢が憤りを感じました。 まあ、 >>自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!! ですからなぁ。 僕も言いたい ...

このところ、「思考は現実化」と「引き寄せの法則」にハマっているトシヒーローです('◇')ゞ ん~(-_-;) 引き寄せすぎているかも~(^◇^) 人が想定できるレベルを遥かに超える事が起きると、自分自身が磨かれますね。 という事で、ハマり過ぎると度が超えてしまうので、 ...

よくね、「思考は現実化」というと、 「じゃあ、人を陥れたい時はその人を陥れるイメージを作れば良いのか?」という事を言ってしまう人もいるんですが。 ブー( `ー´)ノ 残念(-_-;) 大事な事を忘れてますね。 ...

さて、今頃は横浜に着いて、周辺探索してる頃でしょう(*'▽') 今日受講する講師の先生、オルカさんはカウンセラーさんですからね。 色々、心理学の話をこれまで教えてもらいました。 その中に「アルフレッド・アドラー」という名前をよく聞きます。 僕もアドラーは知らなか ...

僕が20歳の時の話なんですが。 地元高校を出て、東京の専門学校に行きました。 当時は作詞家になりたいという夢があり、コピーライターの勉強をしたいと考えていました。 そこで、東京デザイナー学院にコピーライティング科という夜間クラスがあるのを知り、行く事を決める ...

昨年の話なんですが、10月にUSJに行くのが決まっていました。 また、11月には東京開催の長時間透析研究会に行こうと決めてました。 ですのでね、6月頃からお金を貯めておりました。 どちらも1泊旅行にしようと決めてましたからね。 その後、12月に大阪行きも決まってました ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ