進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

カテゴリ: ●透析エッセイ(人工透析)

眠剤と下剤を処方してもらい、そしてサウナに行って大汗をかき水をガブガブ飲む習慣を持ってる人が、以前僕の透析ベッドの隣りで透析してました。(すごく元気な方でしたね) 正直なところ、僕は透析を始めて以来、眠剤も下剤も1度も処方してもらっていません。 まあ、最終 ...

人工透析で起きる症状で、「血圧低下」はかなり重視して考えておくべきです。動脈硬化の促進に繋がりますので、いかに血圧低下を起こさないかが重要です。 ...

僕が38歳で透析導入し、あまりに周りの患者さんたちがお亡くなりになられてしまうので、僕自身もそうなると思ってしまい、ヘタレて行った経緯があります。 まあ、しかし、後期高齢者である75歳以上で透析導入された方と、50歳未満で透析導入された方では、明らかに予後が違 ...

人工透析を受ける事になり、病院側から問答無用で「週3回×1回4時間」の透析を受けるように指示されました。今はそれが1回6時間にはなってますが、この透析スタイルが1番自分に合ってるかどうかは全部試した訳では無いので何とも言えません。 ...

透析を受けるようになって、「人工透析」をどう考えるかは人によって違うでしょう。しかし、人工透析を味方にするか、敵に回すかで、こんなにも人生が違ってしまうというのは確かなようです。 ...

透析仲間の1人は1回2時間半×週6回という在宅透析を行ってますが、この短時間頻回スタイルがどうなのかに興味があります。 ...

日本は災害の多い国です。もしも震災に襲われたら、明日の透析がどうなるかは予測不能です。そういう意味では毎回の透析の重要性が大きいなと経験者さんの語りから感じられますね。 ...

透析室内の人間関係で苦労されている患者さん・スタッフさんは多いと思います。色々ありますからな~。何とかウィンウィンの関係性は築けないものなんでしょうか? ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ