今年も来たる5月27日(日)に第4回虹を描こうコンサートが開催です。

5/27(日)第4回『虹を描こうコンサート』
場所 栃木県総合文化センター・サブホール
出演 工藤慎太郎・デイジー☆どぶゆき
開演 13:00 入場無料です‼
主催 虹の架け橋サポートチーム






虹の架け橋サポートチームリーダー松浦礼紀子さん


2001年透析導入となり、その後、激しいうつ病に悩まされた松浦礼紀子さん。

東北地震で多くの方が亡くなられ、その状況を目の当たりにし、命の大切さを痛感されたそうです。

4年前からウクレレを習い始め、最初は透析仲間やその家族を集めた小さなコンサートを開催しました。

そのコンサートが年々大規模になり、今年はキャパ500人収容の会場で行うまでのものになりました。

松浦さんは、栃木県腎友会の役員さんでもあり、毎年の国会請願署名活動では500人前後の署名を集めてくるスーパー主婦でもあります。

僕自身も昨年の第3回虹を描こうコンサートの半年前くらいにブログを通じて知り合いました。

Facebookグループ 人工透析ULTRASOUL’sを作るきっかけになった方の1人でもあります。

ULTRASOUL’sからも今回は僕を含めた10名の応援団が行きます(*'▽')



楽しむのは生きているうちにしかできない


松浦さんにとっても他の透析患者さんと同じで、この17年に及ぶ透析生活の中で仲の良い患者さんが次々と亡くなっていくという状況にありました。

その中で、命の尊さを学び、
「楽しむのは生きているうちにしかできない。」
「こんな私でも誰かのために何かが出来る。」

そう考えるようになったという事だそうです。

そして、些細な感謝祭と名付けたコンサートが今やビッグイベントに育ってきました。



今回のテーマは
「すべてのいのちに感謝」です。


2虹コン


2018-05-21


今はこんなに元気に活動する松浦さんですが、透析を受け始めた頃は、
「生きてる意味があるのだろうか?」
と、悩み続けたそうです。

毎年規模が大きくなってくるこのコンサートで、生きているからこそ何かが出来るというメッセージが伝わって来る感じがしますね(*'▽')




スポンサーリンク