人は1日に7万回も思考してるらしいですな。

しかし、そのうちの実に80%はネガティブな思考なんだそうです(-_-;)

ぬ~(*´Д`)
それはなかなか厳しいですな。

まあ、僕らのように腎不全を持ってなくて、健康で恵まれた環境にいる人でさえ、悪い事が続いてしまうと、
「もうどうでもいい、死にたい。」と言った思考になってしまう場合もあるのですからな。

透析を受けてれば、そりゃ誰だって精神的に厳しくなりますよね(-_-;)

リセット願望丸出しの透析初期

僕的には、そういう思考がマイナスの時に無理して心を奮い立たせなくても良いのかな? という思いもあります。

無理するより自然体の自分でいて、時間と共に立ち直るほうが結果が出るような気もしてます。

あはは(^◇^)
僕なんか、透析になってヘタレ人生を送ってきましたからな。
何百回泣いたことか・・・(-_-;)

自分は不遇だ

そう思ってしまう事で、本当に不遇な人生になってしまい、常日頃からイライラし、人に当たったりを繰り返してましたな。

まあ、僕の場合は10年か15年くらいで死ぬと思っていたというのもあります。

どうせ死ぬのに、頑張る意味が無いと思ってましたね。
そういう思考がそういう人生を呼び込んでしまっていたのでしょう。

ところが生きてるし調子も悪くないので、徐々に自分自身が勝手に変わり始めたんだと思います。

いやいや(-_-;)
透析を受けてようが受けていまいが、人は誰でも死ぬときゃ死にますからな。
寿命で死ねる保証などはこの世には存在しませんから。

よくね、
「悪い言葉を吐けば、悪い事を呼び込む。」なんていう事を聞きますな。

ま、これも言葉を口に出すという行為だけでなく、心に思うだけでも呼び込んでしまう事がよくあります。

まあ、僕もヘタレ時代に別にブツブツ口に出して不満を言ってた訳ではなく、ほとんどは心の中で
「あ~、面白くねえ~(*´Д`)」
「世界なんてぶっ潰れろ。」って思ってただけですから。

リセット願望丸出しで、1日の思考の8割どころか、完全ネガティブになっていたのではないでしょうか?
そりゃ~、良い事は起きませんわな(-_-;)

元々、楽観主義でお調子者という自分らしい生き方が出来なくなってしまい、細かい重箱の隅をつつくようなマイナスな自分に成り下がっていました。

DSCN1688


多くの出会いと共に復活の日

昨夜は、僕がそういう状態からなんで今のような状態になれたのか、色々過去を思い返していました。

ん~(-_-;)
やはりその辺ですな。

前の病院でいたたまれない気持ちになるような事も起きまして、少しずつ本来の自分を取り戻せそうだったのが、また元に戻ったというかもっと酷い状態になってました。

その後、ブログを書くようになって、元々文章を書くのが好きな性格からか、ちょっとはマシになっていたのですが、一進一退を続けてましたね。

と言うか、この頃はまだ復讐心のような思考がかなり上回っていたと思います。(前の病院で起きた事件のね。)

それがですな、2016年3月以降にTwitterやFacebookで色々話せる透析仲間が出来始めまして、そういう負の思考が多少はマシになっていったものと思われます。

ただね、当時は宗教観(20代の頃に宗教の勉強をした経験がある)などもあって何とか心を保っていた訳ですが、透析者であり産業カウンセラーでもあるオルカさんとFacebookでいつの間にか友達になっておりまして、そこでオルカさんのブログなどから「思考法」を学ぶ訳ですね。

そこから、いかに自分の心の中が「透析」を言い訳としたネガティブに包まれているかを知る訳です。

その頃は、僕よりも遥かに透析経験の長い先輩患者さんたちから、透析知識を分け与えてもらっていまして、徐々に自分に合う感じの透析生活を掴みかけていました。

ですので、メンタル不調はあっても体は少しずつ元気になっていってたのですな。(2016年後半から2017年前半頃の話)

オルカさんと言えば、「思考は現実化」ですからな(*'▽')

この言葉が心に響いたんだと思います。

あはは(^◇^)
先日はオルカさんのストレスケアセミナーに行ってきたのですが、その時の記事が月間PV1800という凄いPVになってましたね。

それくらい、やはり透析者の心の問題は大きいのだと思います。

僕自身の歩みを書いた「闘病という名の悪魔シリーズ」というのもありますんで、僕がどう変わって行ったかを知りたい方は是非読んでみて下さいませ。

「闘病という名の悪魔シリーズ」の第1作と第2作の部分は、透析バンザイ!!!のバンザイさんがマンガにしてくれております。

トシヒーロー物語 透析バンザイ!!!


「闘病という名の悪魔シリーズ」は僕が透析を受け始めた頃か2006年頃から、2017年末までの事が書かれてある全8作です。

まあ、他の前向きな透析患者さんたちから見れば、透析を受けて精神を病んで復活するのにかなり時間がかかってしまった僕なのですが、歩みは人それぞれですからな。

時間はかかっても早くてもそれはそういう流れの中に自分自身がいるという事で、ほとんどその人の個性のようなもんです。

僕も父が脳梗塞で倒れ、旅立たなければパソコンも買わなかったし、ブログも当然書いておりません。

心の中のネガティブを追放、そして道が開ける

随分と色んな人に助けられたと思います。
ただこれも、僕自身がそういう流れにいたからだと思います。

それはある意味「引き寄せ効果」が出たんでしょうな。

心のネガティブが少なくなって行き、頭の中に花が咲いている状態ですと、明るい楽しい人達が寄って来るようになりましたね(*'▽')

心の強さや弱さは個人差もありますが、頑張ってる透析患者さんたちの心の中から透析の葛藤が一切無くなってしまうという事でも無く、見るからに歯を食いしばって頑張ってる人もいますし、気楽にのほほ~んと深刻にならずに突き進んでいる人もいます。

ただまあ、考えさせられる事が多いですからな~(*´Д`)

その思考からいかにネガティブ量を少なくし、心の中や言葉に強い信念を作り出せれば、おのずと道が開かれていく事が分かりました。

人生の中で自分に降りかかる出来事というのは全てにおいて意味があるんだと思います。(僕はそう思います。無意味な事は起きないと)

例えば、ブラジルで蝶々が飛び、その羽ばたきから微かな風が起きる。
その風がアメリカのフロリダでハリケーンとなるという考え方があるんですが、人生もそういった些細な出来事から大きな事へ繋がる事が多いようです。

僕のブログをなぜか毎日のように読みに来る人がいます。
ファンで読んでくれる人もいれば苦々しい思いで読んでいる人もいる事でしょう。
まあ、それも全て意味がある事と思います。

僕も何かに突き動かされるように、毎日ネタが無くても書いてしまうという状態です。
そこには何かの意味があるんだと思います。

必要がなければ、目の前にそれはやって来ないのですな。

自分自身が「悪い出来事」と思う事も多々ありますが、その「悪い出来事」も全て自分のプラスになる出来事のような気がします。

それは、前病院で起きた事件で僕が精神的に苦しくなった事も含まれますね。

あれはあれで、今の僕に繋がっている訳ですから。
あの時の復讐心でギリギリのところで踏ん張れたところもありますし、それで人生を見つめ直す機会も得られました。

「人工透析」を受けなくてはならなかった事も、決してマイナスの事ではなく、自分にとっての何がしかの意味があり、それが自分を構築していくのだと思いますな(^◇^)


スポンサーリンク