僕も2015年11月からブログを書き始めた訳ですな。

すでに2年少々が経ちました。
思えば、始めた当初は、まだまだ透析の事が今ほどは分かってなかった訳でして、透析後に不具合(特に血圧低下)も多かったんですよね。

不具合が起きるという事は、透析ブログを書くにあたっては、悪い事でもないんですよ。
ブログネタができますからな。
その主治医、透析スタッフさんに命を預けられるのか?

しかし、「至適透析」が出来るようになってくると、不具合が起きませんから(^◇^)
という事は、日常の透析での出来事が何も起きませんからな~。
ブログで書く事が無い訳です。

で、学んだ透析知識などをひけらかすようなブログになっていったという実情があります。

いつしか、エッセイ的内容に変えていってブログネタ不足を解消していったのですな。

いや、一時は1日3更新とかやってましたから(*'▽')
結構、大変でした。(今は1日1更新で無理なくやっております)

つまりは、透析施設でブログネタとなるような出来事が起きたり、透析後の不具合でブログネタが出来たりというのは、「至適透析」に失敗してる時なんですよね。

何も起きないのが正解なんですな~(^◇^)
透析ブログを書くという事は、そういう矛盾の中での戦いとなる訳です。

なので、どちらかと言えば、透析以外の生活や仕事面での出来事が中心になっていくのが透析患者の日常ブログの正解と言えます。

という事はですよ、「至適透析」というのは透析病院に負うところがかなり大きい訳です。

いや、僕自身も、「とてもこの病院の医師やスタッフさんに命を預けられない・・・。」と思うような環境で透析を受けた経験があります。
「絶対失敗するよな・・・(-_-;)」と思いながらの透析はかなりメンタルに厳しく、日々の時間の多くを透析に費やさなくてはなりません。

この時点で「至適透析」にはほど遠くなってしまってます。

「至適透析」とは、透析後、無症状である事なのですからな。
日々の透析以外の時間を全て透析以外の事に費やす事が出来なければ、とても「至適透析」とは言えません。

それでなくても、社会の中で生きていこうとすれば、透析の通院時間も含む透析時間というハンデを背負っているのが透析患者なのです。
日常で、透析の事を考え続けなければならないような状態では、到底社会の中で一般人と勝負出来ませんからな。

まずは、この主治医、この透析スタッフさん(看護師さんや技士さん)になら命を預けられるという病院の選択が重要になってきます。
その中で、自分自身も創意工夫して「至適透析」を目指さなければなりません。

カロリー不足になったり、カロリーをオーバーしてしまう生活が続きますと、ドライウェイトが合わなくなり、問題発生させてしまいますので、そこら辺も日常に当たり前に出来るように組み込んでいかねばならず、「透析生活に慣れる」というのがとても重要です。

僕も透析11年半でようやくその領域に近づいてきました。
今の主治医やスタッフさんであれば、何かあっても「まあ、仕方ないな」と思えるだけのスキルの高さを持っていますね。
つまりは、何かあったらそれはスタッフさんや主治医の責任ではなく、僕自身の管理不足と思えるだけの病院で透析出来ている訳です。

この病院選びと、自分自身の透析知識と管理が融合してようやく「至適透析」となって行く訳ですね。

DSCN1628


「至適透析」に待ったをかける様々な事象

僕もね、透析導入病院時代の初期は、スーパー看護師(たくさんの資格を持つ看護師さん)のOさんがいまして、遠くからもこのOさんの評判を聞きつけ通って来てる患者さんもいましたし、どの患者さんもこの「Oさん」を信頼して透析を受けてました。

しかし、後にOさんが退職される事になってしまうのですな。

それ以降の透析室は惨憺たるモノでした。
次々と信頼できる看護師さんがいなくなり(転職や配置換えなどで)あっという間にモンスター患者の宝庫となってしまいました。

2つ目の病院でも当時いた看護師長さんや技士長さんがいなくなった後は、一気に透析の質が下がり、僕も5時間透析を受けていたのですが、血液データが一気に悪くなってしまいました。

今の病院で4時間透析を受けていたほうが数値が良かった訳ですからな。

普通、5時間透析と4時間透析では5時間透析のほうが透析効率が良くなるはずなんですが、実際は今の病院で4時間透析を受けたほうが数値が良くなってしまうという現象が起きてました(通常はあり得ません。)

前病院で5時間透析を受け始めた当初の透析後クレアチニン値が3.5前後でしたが、師長さんや技師長さんがいなくなった後は徐々に悪化していき、5時間透析は変わっていないのですが、透析後クレアチニン値が5.5前後、最後の頃は6前後になっていました(-_-;)

今の病院で4時間透析になると、透析後クレアチニン値が4台もバンバン出ましたよ。
こういう不思議がある訳ですな。

同じHDでこういう結果が出る場合もあるのです。
病院やスタッフさんのスキルが違うというだけで、こんな事まで起きてしまうのです。

つまり、「なんちゃって5時間透析」という現象が僕の身に起きていたのです。

なんのための時間延長か、意味が分かりません。

透析11年の歴史が分かる血液データ(必見です)

と言うかですな、5時間透析とは思えぬ数値の悪さでした。
今よりも食事量などは少なかった時代ですからね。
あり得ぬ数値に驚きました。

これは「なんちゃって5時間透析」が存在するという証明になると思いますよ。

僕自身は5時間透析を受けているのにも関わらず、実際にちゃんと「透析」出来ていたのかが不明ですわな。
その時にいたスタッフさんしか実情は分からず、当時のスタッフさんは現時点でも口を閉ざしたままですので、この病院で何かが起きていたのではないかと変な勘繰りをせねばなりません。

今、透析が6時間になって透析後クレアチニン値が3台前半になっている事から、前の病院での5時間透析で最初にたたき出した3.5というクレアチニン値が正常とも言えますね。
師長さんが定年後にこの数値が悪くなって行った秘密は、その時の医療従事者にしか分からない事ですから。

こういう事もありますので、信頼できる医療従事者の元で透析を受けるという事がいかに大切かが分かります。

前病院では透析20年以上の患者さんがゼロでした。
今の病院では透析20年どころか30年以上の患者さんも山ほどいます。
(追記:前病院の患者さんで今年透析20年患者さんが初めて出て県の総会で表彰されます。しかし、今年は今通ってる病院から透析45年の患者さんが表彰を受けます。20年を初めて出す病院と、当たり前のように透析45年患者さんを出せる病院の格差は相当あると思われます。)

透析時間や透析量に関わらず、透析病院で予後に大きな影響がある事は、僕自身の経験から確実である事が分かりますね。

在宅透析という最強の手もある

ですので、転院直後は良くても、その後のスタッフさんの動向次第で、透析病院の質が下がったり、上がったりという事はあり得る事です。

今の病院でも、院長先生が2代目です。
今の院長先生は、透析病院の後を継ぐべくこれまでたくさんの透析病院で腎臓内科医だったり泌尿器科医であったりを学んでこられた先生です。
1人で、PTAもやればシャント造設もやり、また他の疾患なども診られる幅広い透析医療に精通した先生ですね。
そういうキャリアを持っておりますので、僕も「ゴッドハンドプリンセス」とブログ内で呼ぶ訳です。(長身の美人の先生ですな)

また、室長さんが技士さんとしては優秀ですので、ここも安心感があります。
その室長さんに厳しく育てられた若いスタッフさんたちも将来が楽しみです。

こうした透析室の環境こそが、「至適透析」に結びついていく訳です。

後は患者次第かな~とも思います。
月水金の患者さんたちは多くが患者会に所属してますので、割とちゃんとやれている患者さんが多いと思いますが、火木土透析のチームは患者会に入ってない方が多いため、ちょっと透析知識が希薄で厄介な患者さんも多いです。

ここら辺は将来的に僕が何とかしていかないといけないんでしょうな(-_-;)

まあ、透析環境の中で厄介な出来事は多いですな。
僕なんかも半個室透析をやってる病院での話を聞いて、羨ましく思う事も多いです。
(ロッカーなども個室内にあり、着替えも個室でできたりだとか)

患者さん同士の軋轢などもありますからね。
安息な透析環境を手に入れるというのが、いかに難しいかがよく分かります。

しかし、至適透析を目指すには、透析病院選びからすでに始まっているのです。
僕の知り合いでも、家族で良い病院がある地域に引っ越したという方までおります。
後は、在宅透析という最強の手もあります。

色々考えながら「至適透析」への道へ近づいて行って欲しいですね。
「人工透析」はあくまで生活の一部に過ぎないという感覚にならねば人生を楽しめませんからな。


スポンサーリンク