人工透析では、体の小さい人のほうが有利という話をよく聞きますね。

確かに、長期透析者表彰でも表彰されている患者さんは体の小さいかたが多いと感じますね。
あくまで僕の主観ですが。(そう思っているからそう見えるという部分もあるかも)

やはり、体が小さい人のほうが大きい人に比べて体液量が少ないですからな。
同じ透析条件なら、体の小さい人のほうが、透析量が上がる訳です。




単なるルーティンで仕事してるだけのスタッフさんの気持ちが分からない

ただ、体が大きくても、40年以上の透析をやってこられたかたも見た事があります。
で、そういうかたが、どういう透析を受けているのかが気になりますよね。

やっぱり、透析時間を延ばしたり、頻回(週4回以上、もしくは隔日透析)透析をやっていたりしますね。
透析量を増やした方が予後が良いというのは、こういった状況を見ても一目瞭然であって、疑う余地はほとんど無いように感じます。

しかし、残念ながら、いまだ透析時間を延ばしたがらない病院は多々あります。
まあ、スタッフさんを責めても仕方ありませんけどね。
病院の方針であったり、主治医の指示でそうなってますから。

ただ、僕が不思議なのは、そういう患者にメリットの少ない透析をしている病院でありながら、そういった病院で働くスタッフさんの心理が分からないという事です。

僕がもしも、医療の現場で働く立場とすれば、やはり病気を治し患者さんの笑顔をたくさん見れる病院で働きたいですよね。
そのほうが、高度な医療を学べますし、自分自身にメリットが大きいですから。
数々のスキルアップも出来そうです。

良いことづくめのような気がします。

例え、個人病院であっても、先進的透析を行っている病院はたくさんあります。

なのに、そういった病院で仕事したいとは思わないんでしょうか?

4時間もっぱらの単なるルーティンワークに成り下がっている病院の透析室で働いている人の気持ちが分からん(-_-;)
この人たちは何のために「医療」という特殊な世界に入ったのでしょう。
わざわざ資格まで取って。
大丈夫なんでしょうか?

いや、そうなんですよね。
自分自身を進歩させようという気持ちの無い人の元で透析を受けても、やがてはボロボロの体にされてズタズタになって死んでいくしかありません。
進歩する気のない人たちですから。
患者の予後に目はいかないでしょうな。

まあ、類は友を呼ぶという事なのでしょう。

僕の知り合い患者さんの中にも、少ない透析量でいかに多くの薬を処方するか? という病院で透析を受けていた方も何人もおられます。

ああいった病院で働いている人間は、そもそも金の為だけに仕事してるんでしょうね。

何が楽しくてそんな仕事をしてるのかが、全く理解できませんな。

あはは(^◇^)
そう言えば、透析とは全く関係ないある個人病院があって、そこの病院はその地域で物凄く評判が悪い訳です。
で、その病院の理事長さんと知り合いなんですが、まあ、看護師さんを募集しても人が来ないそうです。
そりゃそうでしょう。
普通、誰しもそんな評判の悪い病院で働きたくは無いでしょう。

〇〇さん、そりゃ、そこの院長が変わらないと人は来ないですよ(*'▽')

しかし、個人病院なので院長は変えられませんよね。
代替わりを待つしかないのでしょう。

あはは(^◇^)
そこの病院に行ったが、5回通っても治らなかったのに、大学病院に行ったら1回行っただけで治ったとか言ってる患者さんがいました(*'▽')

なんじゃ、そりゃ(-_-;)

DSCN1531


評判の悪い病院程、給料が良い気がする

なんか、毒づいた発言ですけどね。
例えば、主婦の看護師さんで、通勤距離の問題でそこで働いてるというのであれば分からないではありません。
しかし、病院なんてそこら辺中にある訳ですから、別にわざわざそんな単なるルーティンになってるだけの質の低い透析病院で働かなくとも・・・。
って思っちゃいますよね(*'▽')

ある質の高い透析医療を展開している病院では、患者数が増えるに伴い病床数を増やしていったらしいですが、やはりスタッフさんも優秀なかたが次々と集まってきたらしいです。

まあ、当然ですな。
そういう医療をやれる病院で働いたほうがスタッフさんもメリットが大きいですからね。

誰だって、自分を磨きたいという気持ちはありますから。

高度な医療を学べて、自分のスキルアップになる。
これほど生き甲斐を感じる仕事はそんなに多くもないでしょうからな。

今後は、透析室勤務では人件費の関係で臨床工学技士さんの割合、また若いスタッフさんの割合が増えていくと思われます。

自分自身が、やりがいを得られない透析室で勤務したりしないように注意して欲しいですね。

いくら給料が良くても、それじゃあ(-_-;)
(そういう評判の悪い病院程、高額の給料を出しバンバン募集してる気が・・・)

患者の精神性の話はよくされるのに、医療者の精神性は語られないのはおかしい

でも、それですと、金にしか興味のない人間的に問題の多いスタッフさんが増えそうですな(^◇^)

あ~(-_-;)
そのような透析病院で透析を受けてる人たちがとても気の毒ですな。

ほぼ、透析の不満だけで残りの人生を送っていくのでしょうな(-_-;)

また、そういう病院で働いているうちにスタッフさんもドンドン初心を忘れ、精神が退化していくのでしょう。

なんか、こういう事を考えて行くと、評判の悪い病院の製造方法が分かって来ますね(*'▽')

ある意味、適材適所になってるかも知れませんね。
向上心の無い人間が集まる病院・・・。

何となく恐怖を感じます。

逆に、主治医や院長の向上心が強ければ、そういったスタッフさんが集まって来ますので、凄く優良な病院が出来上がりそうです。

あ~、
そういう病院で透析を受けてると、患者も気持ち良いし、精神が磨かれますね。
素直に透析医療や現場のスタッフさんに感謝できるし、気持ちが変わってきます。

せっかく生き延びてるんだから、何か世の役に立つ事をやろう!(*'▽')
という気持ちにもなりますよね。

格差の大きい透析医療では顕著にこういった事象が起きてますね。

僕なんか、今まで出会った優秀な医師や看護師さんたちを集めて、オールスターズ透析クリニックを開業する妄想を繰り返しております(^◇^)

まあ、そう都合良くいかないでしょうけども(-_-;)

透析では、患者の精神の話が色々ありますが、医療者さんの精神の話はされないですよね。
そんなんで良いのか? と思っているのは僕だけなんでしょうか?



スポンサーリンク