僕が透析病院の経営者だったらどうするだろう?
というのも考えますな。

単に金儲けがしたいだけだったら、オンラインHDF3時間透析を日中に3回転させますね。
朝8時から午前チームをスタートさせ、11時半から第2グループ、3時から第3グループとします。


金儲け主義

オンラインHDFでは水を20リットルから80リットル使うと言われていますが、出来るだけ少なくしますね。
まあ、「人工透析」を金儲けで使うならそうなるという事です。

夜間透析はやりません。
スタッフさんに深夜手当が必要ですからな。

ん~(-_-;)
ごく一部の病院では、このやり方があるんですよね。
更に処方する薬の量が物凄く多い。

まあ、そういう病院がありましたら、それは「人工透析」を金儲けの手段として使ってるという事です。
患者の事はあまり考えていないので、患者の予後がどうなるかは大体想像がつきます。

こういう話をしますと、優秀な透析病院で働いてるような看護師さんや技士さんから、
「そんな透析病院はないよ~(*'▽')」とツッコミを受ける事もあるんですが、実際にあるんですよね。
なので却下です。

まあ、優秀な所で働いてると、まさかにそんな金儲けしか考えてないように見える病院があるとはにわかに信じられないのは分かりますけどね。

そういう病院で働いてると、スタッフさんの神経も段々麻痺してくるんですよ。

いや、これは病院だけではなく社会全般で同じ事が言えます。
「偽装問題」などは食品偽装から安全性の偽装まで様々ありますが、上から「そうしろ」と言われてしまえば雇われの身としてはやらざるを得ない。

こういう場合、嫌なら会社を辞めるしか手がありませんからな。

透析病院の場合、やってるうちに間違いなく患者がモノに見えるようになっていくでしょうね。

DSCN2833


良い医療をやろうとすると儲からないというのはおかしい

まあ、どうしても「経営」という部分もありますからね。
収益性を完全に無視する病院というのもどうかとは思いますが。
度を超えてしまうと、患者が置き去りになってしまいますから。

経営のプロなど、医療には素人を入れてしまうと結構な酷い事が起きたりもしますな。
テレビドラマのような世界です(^◇^)

時代が違うので、話としては難しいですが、僕の地元には石碑がありまして。
昔、お金も取らずに診ていた難波先生という地元の名士がいたそうです。

昔ならではの話ですな。

今の病院にそこまで期待は出来ませんが、収益性も考えつつ、最高の医術を発揮して欲しいと思います。
という事で、透析の時間延長を一切やりたがらない病院というのは、「金儲け度」が高いと考えられますね。

一方で、九州のとある病院ではオーバーナイト透析のみをやっているという事ですが、やはりかなりの赤字が出るそうです。

ん~(-_-;)
良い医療をやろうとすると赤字になり、粗悪にすれば黒字になるのはいかがか? と僕は思ってしまうんですけどね。
「逆だろ!」と感じるんですが。

複雑な問題を抱えている透析医療の難しい部分です。

医療全体でも、診療報酬で決まってしまいますからね。
そこが正しく組み込まれないと、どうしても矛盾が生じてしまいます。

夜間透析の充実が望まれる

僕が思うに、透析時間を延ばしたいと考える患者は10%程度だと思うんですよね。
大半の患者さんは逆に短くしたいと考えております。

ですので、5時間透析の患者さんと3時間透析の患者さんを組み合わせる事によって、5時間透析は可能と思います。

後、問題となるのは夜間透析の事ですな。
実際、夜間透析を利用している患者さんは、昼間働いている人がメインです。
ここの患者さんに十分な透析をしてもらうというのは、業界全体で考えて行かないといけませんね。

早めに入らなければ、5時間出来ないという時間のネックがあります。

ある患者さんが仕事が忙し過ぎて、透析に行くのが19時頃になってしまう。
で、22時30分には回収しなければならず、3時間少々しか透析出来ないという問題を抱えておりました。

こういった患者さんは在宅透析をやるか、オーバーナイト透析をやるかしか手が無いのですが、オーバーナイト透析をやってる病院はほとんどなく、更に在宅支援病院がかなり遠いという問題を抱えていました。

現在は在宅透析への移行をやるべく、トレーニング中という事ですが、忙しい仕事の合間をぬぐってやるという事で遅々として進まないそうです。

問題が大きすぎますね。

夜間透析の充実というのは悲願かもしれません。

本来はそういう活動量の多い患者さんこそ、透析の時間延長をされるべきなのでね。
そこが実現できないと、透析医療の在り方については今後も議論が尽きない事になってしまいますね。

ただ、昨今は急激に「5時間透析」まではやりましょう(*'▽')
という病院も増えてきました。
やはり、ここをやらない病院は「金儲け主義」と思われてしまいますからね。
損失も多いですから。

希望者には少なくとも5時間の透析は考えて欲しいですね。
別段、難しい事でもありません。
希望者は少ないですからね。

まあ、人工透析というのは、社会からの恩恵を相当に厚く受けていますので、患者がモノを言いにくい部分があり、とても難しい状況ではあります。
が、体も心もボロボロにならざるを得なかったかつての透析とは違って来ております。

多くの情熱的な医療者さんたちのおかげで、飛躍的発展をしてきている「人工透析」が、今後もファイト溢れる患者さんを多く生めるように頑張って欲しいです。


スポンサーリンク