まあ、僕にしても4時間透析の時は、最後の30分は結構な厳しさがあったものです。

後、30分が辛いんですよね(-_-;)

なのでね、時間延長は考えてましたが、5時間透析までしか考えていませんでした。


6時間透析では透析終盤のしんどさがあまり無い

最初、12月5日(火)に5時間透析をやって、12月7日に5時間15分、9日に5時間30分と時間を延ばしましたが、しんどかったですな。

穿刺部の血管痛が痛くて腕がだるいですし、体もついてこない。

しかし、徐々に延ばしていったおかげか、翌週の12月12日の初6時間透析では案外すんなりいけました。

ドライウェイトを500g上げて70キロにしてもらった事も良かったかも知れません。

また、6時間の透析中の過ごし方も変えました。
今までは4時間爆睡パターンだったのを、6時間に増やすと今度は生活での睡眠がとりづらくなる可能性もあり、夜寝れないとかが起きるとリズムが狂います。

で、透析中に4時間は寝るにしても、前後1時間ずつを起きておこうとテレビを見たりしてました。

まあ、僕の場合は、仕事がフリーランスという有利な面もあります。
忙しかったら寝ずにやって透析で寝よう! というのも可能です。
日中の時間は透析で2時間以上の損失が起きましたが、今の所、そこまでの不利益は受けずに済んでおります。

行きだけ自力通院というのも遠足気分で気分転換になるのでまあまあですな(*'▽')

DSCN1117


帰りの送迎車の中でT田氏が傍若無人

という事で、透析終盤の残り30分が4時間透析時代は結構な苦痛だったのですが、どういう訳か6時間透析になると、透析後の体調も良いし、まだ2~3時間やれる気になるんですよね。
あれが不思議ですな。

ようやく体が6時間透析についてこれるようになったんでしょうな。

運動量も体が動くので増えるし、たくさん食べても透析で引けてしまうんですよね。
6時間ですと、4キロ除水しても時間700を切りますので、そこまでしんどくありません。
まあ、4キロ除水は避けるにしても、3キロくらいの除水は余裕ですな(*'▽')

個人差はあるでしょうけども、そういう気の緩みで増え幅が豪快になってしまっておりますが(-_-;)

後ね、行きも帰りも送迎でお願いしてると、あのグチグチじいさんたちが厄介ですからな。
行きだけでも送迎でなくなったことは気分が違います。

まあ、昨日も帰りの送迎車の中で、例の我がまま120%のT田氏があまりに傍若無人な態度でしたんで注意しましたら、こぶしで殴って来るという半端ない状態でした。

80代半ばのじいさんのパンチなどは全く痛くも痒くもないですが、そういうじいさんがいるのですな。
で、僕に散々言われてしまうというね。

「若い頃にヤンチャしてたというなら分かるけどよ、80代にもなって犯罪者か! おい!犯罪者!」と犯罪者呼ばわりを散々してやりました。

(^◇^)まあ、暴力を振るわれたんで、それくらい言ってもバチは当たらんでしょう。

そういう送迎車のなかのゴタゴタがよく起きますからな。
T田氏以外はそれなりに節度もあるじいさんたちなので、普段は全く問題ないのですが、この人だけは(-_-;)
来週からは横柄なじいさんも送迎復帰しますんでね。
またまた面白い事になりそうです(*'▽')

バスツアーと猿

さて、今日は母と大川バスのハッピーバスツアーに行ってきます。

昨年も行ったのですが、昨年は入院ゼロで過ごせた上に幸運にも恵まれました。
なので、今年も同じコースのバスツアーに申し込みました。

4つの寺や神社を参拝するツアーなんですが、最後の津峯神社(つのみねじんじゃ)は長い階段があります。

DSCN1822

DSCN1823


昨年は登れずに、途中から断念してリフトを使って登ったのですが、今年は自力で登ってこようかと思っております。

果たしてどうなるか?
まあ、途中の道で猿が出るとか色々言われている神社ですな(^◇^)

そう言えば、うちも山の中なので、猿は出るんですが、家の近辺はたまにイノシシの小さいうり坊が出るくらいで平穏でした。
ところが、先日目の前(10メートルくらい前)をデカイ猿が横切っていきました(-_-;)

ん~(-_-;)
とうとう、ここらも猿が出るようになってきたか(-_-;)

家の中を荒らされないかが心配ですな。

ネコたちでは勝負になりませんからな。
トラでも飼うしか手がありません。(法律で出来ません)

キジトラのネコはいますが・・・(*´Д`)


スポンサーリンク