長時間透析になって3週間少々。

ん~(-_-;)
血液検査データではリンやカリウムが結構下がる事が分かりました。

僕としては、以前よりよく食べたつもりですし、内容も考え果物も増やしたり野菜量も増やしました。

カリウムは4.0でしたので、まあまあその効果は出てると思うんですが、リンがね(-_-;)
3.3というのはちょっと少ない。
活力的にどうでしょうか?

10年以上に及ぶ透析摂生生活が影響してるようだ

ん~(-_-;)
これはですな、僕も透析12年目ですね。
5時間1分以上の透析をやるのは今回が初な訳です。

しかもですな、かつての病院時代は、増えに対してはかなり厳しかったというのもあります。

いつの間にか、リンやカリウムを多く含む食事を避ける傾向にあるのですな。
いわゆる、これまでの習慣が邪魔をしてるというね。

6時間でQB280、ダイアライザーも東レのNV21-xですから。
このような透析をやる場合、リンに関してはもう何も考えなくて良いかも知れませんね。

透析医の先生達の話では、長時間でもリン吸着薬を飲んでる患者さんもいるらしいです。

これは、食事内容が違うんでしょうな。
そこら辺を考えた方が良さそうです。

カリウムは野菜や果物を以前より多く取ればある程度クリアできますが、リンは薬も使ってるので、下がってしまいますね。
僕としてはリン5~6でOKという感じでやってるのに3.3という低い値が出てしまいました。

まさしく、これまでのリン含有量の高い食品を避けるという習慣がその数値をもたらしたと思いますね。

ん~(-_-;)
4時間から6時間ですからな~(*'▽')

もう少し5時間台の透析を続けてからでも良かったかも知れないんですが。

DSCN0850


長くやって来た習慣は恐ろしい

このね~、習慣というヤツは恐ろしいですな。
いや、僕もね多くの透析仲間と食事したりお茶したり、昨年はそういう機会が多かったです。

そうしますとですな、コーヒーを注文してもカフェオレとかを注文せず、フレッシュも使わない患者さんが多かったですな。
ああ~。
乳脂肪分を考えての事ですな(^◇^)

なんかね、そういうちょっとしたところでリンを避けようとする訳です。

僕なんかも、一昨年まではレバーとかね、ウナギとか、リン含有量の高そうなのは避ける傾向にありました。
どうしてもね、そうなってしまうんですよ。
10年以上やって来た事ですから。

そうか。
長時間透析で、リンの薬も使う場合、リン含有量はさほど気にしなくても良いかも知れませんね。

いや、例えばマクドナルドでバリューセットを頼むと、1日のリンをその1食で取れてしまうんですよね。
なので、リンの薬を多めに飲んだ上に、その日の他の食事で一工夫するといったやり方をしますな。

こういう一工夫が不要になるという事ですな。

これが習慣が身に付いてしまってまして、なかなか直りませんな。
直さなければ・・・(-_-;)

急に透析量を変えた影響はないのか?

これも僕の感覚では「透析病」なのですな。
長く摂生に厳しい4時間透析が当たり前の病院で透析を受け続けてきた事の弊害です。

この感覚を抜かないと、長時間透析は難しいかも知れませんな。

おお!
そう言えば、いくつか質問があったので答えておきますね。

「よく、突然高血流に変えたり透析量を増やした場合に体調が悪くなるケースもあるらしいですね。」

ああ、なんか僕も聞いた事があります。

ん~(-_-;)
僕の場合はあまり出ませんでしたね。

6時間をやる1週前に5時間台の透析をやったのは良かったかも知れませんね。

一気に透析条件を変えると、体がついて来ないという現象はあるようですよ。
最初、透析導入の時に体が透析に対応するのに3カ月以上かかった人は多いと思います。

まあ、それと同じですね。
透析後1時間くらい頭痛が起きたりはありましたし、どうやら一時的に低リンか低カリウムの症状が出てたようですし。

まあ、なんでもそうですけど、それまで長くやってきた事を変えると最初は体がついて来ませんな。
それはあるけど、透析はもう11年半もやってる訳でね。
もう大丈夫そうです(^◇^)

透析後のリン値は低リンレベルの時がありますが・・・

これもよく聞きますな。
しかし、体内のリンの全てを引けてる訳ではないので、割と透析後にジワジワ上がってるんではないかという話を聞く事もあります。

まあ、その辺はよく知らないんですが、確かに透析後、僕も2,5とかになってました。
低リンというのがあるのが分かっててそこまで透析で補正してる訳ですから、恐らく大丈夫なのではないかと思っております。

という事で、透析後1発目の食事を僕はリン吸着薬無しで食べようと思っております。
6時間透析になった事で、ちょっとリンが下がってますんでね。
何もしないで下がり過ぎてしまうと大変ですから。




スポンサーリンク