11月7日に神奈川へ越してきて、はや、3か月が過ぎました。
早いような気もしますが、順調な結婚生活が続いております(*'▽')

12月には大阪でミチャンたちがお祝いしてくれましたし、東京ではバンザイさんたちからたくさんのお祝い品をもらいました(>_<)


在宅透析トレーニング


そんな中、僕も在宅透析トレーニングが始まりました。
あ、いや(-_-;)
とても順調とは言えませんけどね。

妻はすでに在宅血液透析なんですが、最初は実家に(家から徒歩2分)帰って透析してました。
これも、今は新居のほうに透析設備が移動してきましたので、家で透析してます。

おお~(^◇^)
絶好のチャンス(*'▽')

こういう恵まれた環境ですので、妻の透析開始や透析終了を見る事ができます。
回収後の片付けに関しては時々手伝ってますからね。

そういう意味では、週3回しかトレーニング出来ない人に比べてマスターが早いかも(^◇^)

というメリットはある訳なんですが・・・(-_-;)

何しろ、年ですからな。
なかなか覚えられません。
いまだに回路組み立てをやっております(自己穿刺はまだ手を添えられつつやってます。妻の怒りが「まだ~('Д')」)。

他には、妻との2人暮らしなので、年末に介助者のトレーニングも受けました。


SSS89



就職活動は?


とりあえず、在宅血液透析移行後じゃないと就職が・・・というのもあったんですけどね。

妻がお世話になったエージェントさんにお願いしたら、透析のない日を使って研修期間というのも可能ですよ(*'▽')
とおっしゃってました。

おお~(^◇^)
透析のない日の火曜と木曜だけ出勤というのは、逆に有難いかも。

いきなり週5で出勤ですと、体調がどうなるか(何しろ透析12年間、外で働いてませんからね~(>_<))心配ですから。

在宅血液透析のトレーニングもまだ時間かかりそうですし(-_-;)

まあ、エージェントさんなので、良いように言ってくれてるだけかも知れませんが、可能性が少しはあるならやる気も出てくるというものです(*'▽')

何しろ職歴が無茶苦茶ですからね~。
雇ってくれる会社があるだけでも有難い訳ですから。

この辺もこの先どうなるかが見ものですね。
僕がうまくいくようなら、全国の同年代の方々は全員チャンスありです(^◇^)


結婚生活は?


結婚からは4か月以上、同居開始から丸3か月となりました。

まあ、妻の実家がすぐ近くですので、ほとんど婿入りみたいなものです。

しかもですな、妻のお兄様がフランス料理のシェフでして(*'▽')
正月はお兄様が作った創作おせちをいただきました。

うめ~(>_<)
こんなの食ったことねえ~(>_<)

妻のご両親からも大事にされております。

夫婦生活はお互い初婚というのもありましてね。
時々ケンカもしますが、至って仲良くやっております。

妻のほうは現在、新たなグラフト(人工血管)が入り、留置カテーテルも取れました。

まあ、在宅血液透析ではカテーテルのほうが穿刺の不安がなくやりやすかったようですが、血流が取れにくかったため、今のグラフトのほうが体調は良さそうです。

ん~(-_-;)
まあ、確かに穿刺の場合は失敗するとゲロゲロですからね。
ただ、QB(血液流量)が上げられないことでの弱点があったようです。(人によります)


骨折入院の母は?


さてさて、骨折入院中の母ですが、1月末で退院できました。

実は母はかつて老人ホームで働いてた介護士なんですが、当時の関係者の方から、介護付きアパートを紹介してもらいましてね(*'▽')

そちらへ移りました。

僕がいなくなり1人暮らしは気の毒でしたからね。

しかも田舎の旧家ですから。
家の中の段差も多いですし、再び骨折する可能性もあります。

田舎の旧家は冬は寒いし、夏は暑いです。

何かあったら困るという事で、ヘルパーさんや病院関係者、また親類縁者の方々にも大変お世話になりました(^◇^)

要介護は「1」なんですけどね(-_-;)
アパート(実際は寮のような感じです)で、かつての同僚に囲まれ、しかも近所の知り合いも何人も入ってるので安心です。

ということで、まだまだ幸運の波は続いております。

いや~(-_-;)
日頃の行いはあまり良いとは言えないんですが・・・(>_<)

どうなることやら。
在宅血液透析と就職がうまくいけば良いんですけどね。



スポンサーリンク