僕の透析仲間たちとのオフ会デビューは、昨年3月にBさん主催の集まりに参加したのですが、そこからあれやこれや参加し続け、会った仲間数も100名を超えました(*'▽')

チョコっとだけ会ったという人も含めれば、結構な人数で、TwitterやFacebookでもそこら辺中に会ったことのある人がいますね。



有難いことに仲間たちが各地でお祝いしてくれるようだ


不思議なんですが、同じく透析を受けてる方にお会いすると、友達という感じではなく、「仲間」という印象になるんですよね。

それぞれ、色んなものを乗り越えて来てる訳でして(病気で苦労してきたのは自分だけじゃないって分かる)時々、妙に心が通じ合う人がいたりして面白いです。

そう言えば、そういう中で実際に僕自身もオフ会の幹事をするようになって思ったのですが、案外、人を集めるのは難しいです。

地元の友達を集めて地元で飲み会するのとは訳が違いますね。

Bさんの集まりなどを見ても、やはりBさんにカリスマ性があって人がそこに集まってきますし、同じ関東であれば他にも人望のある方は多くいて、MさんやKさんやYさんなどなど、よく女子会やオフ会を開催してるようです。

昨年、大阪の透析仲間のMちゃんたちとUSJに行き、初めてMちゃんに会いました。

このMちゃんも現在は存在感を発揮し、大阪に独自のオフ会グループが出来ておりますね(*'▽')

実は僕のオフ会主催第1回は昨年12月の大阪オフ会だったのですが、色々不手際の多い中(なにせ、大阪の土地勘がないため)Mちゃんの協力で無事終わりました。

色々なグループに出入りしてますと、各地で様々に仲間同士で会って親睦を深めている方が多いです。

香川でもFさんを中心に何度か食事会できてますし。

9月には大阪でMちゃんが好きな人達を集めてまた何かするそうなので、僕も呼ばれてます。

こうして出来てきた、透析仲間たちのコミュニティは素晴らしく、この度僕が結婚と相成ったことで、仲間たちがパーティーなどを企画してくれたりしてますね。

今年12月に開催予定だったウルトラソウルズの大阪オフ会はMちゃんたちに乗っ取られ、僕と彼女の結婚パーティーと相成ってしまった訳ですな。(なんか、大阪だけでなく関東でも何かやってくれるという動きがあるらしいです)

結婚してフルタイムの仕事をすることと、在宅透析に移行することを目標にしてますので、僕主催のオフ会はFacebookグループのウルトラソウルズ東京オフ会と大阪オフ会のみに限定しようと思ってたのですが(^◇^)

まあ、まだまだ会いたいと思う人は大勢いますので、機会があれば会いたいなと思います。

1オフ会



オフ会のすすめ


オフ会をやろうとすると、どうしても人数を集めようとしてしまいがちですが、小さなプチオフ会のほうが場合によっては楽しいです。

大人数だと会話が難しいというのがありますね。

なので、オフ会をやる時は、ソーシャルなどで仲良くなった数人を呼んでやってみれば良いと思います。

ソーシャルなどで気心が知れていれば、初対面でも話しやすいですからね(*'▽')

透析患者の共通項、シャントやバスキュラーアクセスの苦労話1つで、十分仲間意識が芽生えますね。

小人数のほうがお店の予約などの面倒が少ないですからね。

場面で決めて、場面で行動するということも可能です。(僕は個人的にこういう予測不能なオフ会のほうが好き。きっちり決めて手順通りというのが苦手)

で、主催するメリットとしては、仲良くしたい人達だけを選別できるということもあります。

中には、大勢が苦手という人もいますし、そういう場合は少人数のほうが良いですからね。

最初はそういう小さいグループで会っていくうちに、自分も参加したいという人が徐々に集まってくると思います。

なかなか幹事をやるというのは大変なんですが、普通に地元の友達と会うのと同様に、気心知れた仲間とちょっと飯でも食おうぜ! 的なやり方でやればそんな苦労も不要ですし。



会ってバスキュラーアクセスが見せられない人は信用しない


不思議と各地でそういった行動力があって人を集めるのに長けた人たちがいます。
ウルトラの中だけでもBさんを始め、関東ではAさんやMさんやYさん、大阪ではMちゃんやM-ちゃん、香川ではFさん、北陸でもSさんとSさんがHさんのラーメン屋さんに集結したり(*'▽')

そうやって、仲の良い人で集まっていくと、なんか色々心が救われる気がします。

とにかく楽しい(^◇^)

7月に神戸で学会をやってる最中に大阪でMちゃんのプチオフ会に参加しましたが、なんか異様な盛り上がりで楽しかったですし、5月のAさんの虹コングループでも楽しく飯が食えました。

なかなか自分から参加しづらいという人は、自分でそういうグループを作っていけば良いですからね。

そう言えば、このブログはコメント概要に
コメントは公序良俗に反しない場合、全てブログ記事に掲載されます。(認証制です)
ただし、実在する方である事が確認できない場合は掲載拒否する場合もございます。

というルールを設けてます。

また、僕のTwitterでは
透析関連でフォローまたコメントされる場合は、勉強会やランチ会、また患者会のイベントなどで会える方限定でよろしくです(^◇^)

と、明記してます。

まあ、コメントするのは誰でもできますが、僕が対応するのはどこのどなたかが分かってる人だけという具合になってます。

こういうことを書いてますと、
「会える人しかコメントできないってどういうことだ!」とお叱りを受けることもあるのですが、いやいや。

逆に会えないってイミフなのですね(*'▽')

クレーム入れてまでコメントしたい方であれば、会いに来れば良いのにと思いますし、遠いとか入院中で行けないという人なら僕から会いに行きますし。

会えば、コメントは好きなだけできますからね(*'▽')

会ったら、バスキュラーアクセスも穿刺痕もないのがバレるので会えないだけなのでは? という方がいらっしゃったので、必然的にそういうルールになっていっただけの話なんですが。

同様に、ウルトラソウルズも僕が会いたいと思う人を集めてますので(他にも会いたい人はたくさんいますけども(-_-;))そもそもがオフ会に特化したグループでもあります。

僕に会いたくないと公言してる人は入れないし、入っても去っていかれます。

要は信用第一なのですね。

僕の中では、会えない人はどうにも信用ならない感じがしてますので。
(僕に会わなくても、僕の知り合いなどに会ってる人なら問題無いですが)



とりあえず開催してみるかどこかのオフ会に行ってみよう


ということで、オフ会は自分で1回やってみると良いですね。

案外、簡単にできます。

僕も最初は思い付きで大阪オフ会をやってみたのですが、たくさんの人が来てくれて、お店の予約が出来なくて苦労しました。

そのくらい、集まろうという人が多くいます。

例えば、僕なんかですと、
「オフ会やるので来ませんか?」というのがあれば、その日に予定さえ無ければホイホイ行っちゃうほうです(*'▽')

同じような人は案外多いですな。

FacebookやTwitterやミクシィでそういった小グループがたくさんできてます。

ブログ界隈でも大多数の人と会いましたので、根本的に会えますね。

中には北海道や九州からでも首都圏に出て来てくれる人もいますからね。

僕の中では、まだ見ぬ透析の強者たちはまだまだいますので、ぜひぜひ会いたいなと思います。

今後は僕も結婚するので、奥さんと共に会いに行きますし(^◇^)

ということで、オフ会参加とオフ会開催のすすめですな。

学ぶ事も多いですし、何より自分以上に頑張ってる人が多いというのが、励まされて自分向上につながりますね(*'▽')



スポンサーリンク