進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

スポンサーリンク

先日の虹を描こうコンサートに行った事は、僕の中で何かが変わるきっかけになりました。 そこで味わった感動をより多くの人に広げていきたいと思います。 ...

今回、いくつかお詫びしなければいけない事が重なっております。 僕自身、軽はずみな事をしたと反省しておりますが、事が多岐に渡っており、事情が分からない方も多くいらっしゃると思いますので、説明とお詫びを、僕の透析関連のメインコンテンツでもあるこのブログでお伝 ...

自分の心をコントロールするというのは、難しい事です。しかし、人工透析においては血液の酸化ストレスとの戦いの部分も一部にあります。イライラする世の中の事象に振り回されないのも大事ですね。 ...

透析室内の人間関係で苦労されている患者さん・スタッフさんは多いと思います。色々ありますからな~。何とかウィンウィンの関係性は築けないものなんでしょうか? ...

このところ4時間透析からオンラインHDF5時間への移行を行う病院が増えてきました。実際は病院が勧めても患者側が色々考えてしまいがちですが、効果は抜群ですので、是非このチャンスを掴んで欲しいと思います。 ...

透析用語や、基礎知識が分からないという患者さんもいます。そういった患者さんのためにできるだけ分かりやすく書こうと思いますが、やはり専門用語も多く、透析は語りつくせぬ部分も多いです。 ...

自ら透析患者さんでもあり、透析医でもある山羊先生に会いに行ってきました。透析仲間たちともランチ会などでたくさん食べてきました。 ...

透析時間は患者の飲食にダイレクトに影響を与えるため、QOLに大きな差を生みます。生活上不可能であれば仕方ありませんが、透析時間をせめて5時間までは延ばしてくれる病院が増えてくれると有難いです。 ...

日本透析医学会のガイドラインではKt/Vは最低確保1.2以上、1.4以上が望ましいとなってます。透析ではKt/Vが高過ぎると死亡リスクが上がるという話もありますが、本当のところはどうなんでしょう? ...

長時間透析になって調子良いので、毎週日曜日に出かける日程が組まれております。 ...

異所性石灰化は防げないのかという質問がきたため、それに答えました。やはりこの問題を解決するには二次性副甲状腺亢進症も避けて通れず、CKD-MBD全体の事や透析全体の合併症にまで言及しなければならないようです。 ...

4月の血液データとプラスアルファ。6時間透析によりリンの負担がなくなって、普通に食べてもリンは上がらず、また増え幅も安定してきており、食生活の悩みはほぼゼロに近づいてきました。また自己抜針などの話題も。 ...

どっからどう見ても、「運」が良さそうな人と、悪そうな人っているんですが、何がどうかかわってるのか? 実は「運」は平等なのに、掴みやすい人と掴めない人がいるようです。 ...

市販薬を飲んでるという患者さんがいたのですが、ほとんどの市販薬は但し書きで注意されてるんですよね。必ずと言って良いほど「腎臓病」や「人工透析」は飲めないようになってます。 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ