進撃のトシヒーロー

1996年、28歳の時にブラック企業で働き過ぎ意識不明に。2000年、呼吸困難を起こし入院。ネフローゼ症候群と腎不全発覚。2006年7月、38歳にして人工透析に。2013年、腎臓がんと心筋症が発覚。生きる気力もなくなりヘタレ生活が続くが、人工透析でも元気に生きられるやり方が分かって復活。ただ今、絶好調!(中畑清かっ!古っ!)

スポンサーリンク

今日も朝から洗濯です(^◇^) 今日は洗剤もありますし、前回溜まってる洗濯物を全部洗いましたからね。 ちょっとはラクですな(*'▽') 早朝に洗濯すれば快適 ということで、朝4時起きで仕事開始。 終って、「OK」が出たので、朝6時から洗濯を始めました。 朝6時だと涼 ...

8月も最終週となりました。 まだまだ暑いですね(*'▽') 今年の夏は食欲あり過ぎてドライ調整失敗 昨日は関東では雷を伴った雨が酷かったようでしたね。 うちの妻が透析中にも雷が鳴っていたようです。 今年は近年では久々に暑い夏となりましたが、僕にとっては食欲も落 ...

結婚まであと1か月を切りました。 奥さんのマリッジブルーとかが心配なんですが、奥さんは嫁ぐというよりも僕がマスオさん状態になるため(姓は奥さんが変わるけど、僕がとりあえず奥さんの実家住まいに近いことになる)あんまり何も感じないそうです。 仕事も辞めなくても ...

よく、降圧剤服用は寿命に影響があるとして、飲まない方が良い的な書籍を見ることがあります。 こういうのはどうなんでしょうね。 血圧170~(ほぼ常時150以上)とかいう、強烈な高血圧の場合、飲まないリスクのほうがよほどにリスクがあるよね。 と思わざるを得ないです ...

「思考は現実化」の理念を実行するには、自身がかなり洗練されないと難しいです。 どうしても世の中を生きていけば、心に骨が刺さるような出来事に出くわしてしまうため、心に「毒」を持ちやすいということもあります。 1度持ち合わせた「毒」をどう処理するかは難しいと ...

現代の批判的な社会環境は、いつ批判が自分に向けられるか分からないくらい難しい時代です。透析医療はその社会的批判を受けやすい状態にあり、患者のみならず透析医療従事者も自覚が必要になってきました。 ...

ゲームのシムシティで街を作りますと(街を作って発展させるというゲームです)、必ず作らなければならない施設があります。 街の治安を守るために「警察署」。 火災などを小規模で収めるのに必要な「消防署」。 街の運営をしてくために必要な「市庁舎」。 病気や怪我に対応 ...

透析を受け始めて12年経過しました。このたび就職を考えるにあたって、まあ、最初は体調を崩すとは思っております。 ...

ライブドアブログでは「https対応」(SSL化)がまだ終わってませんので、検索順位が大きく下がってしまいました(*'▽') 検索恐るべし(-_-;) 検索しても出てこねえ 「透析患者のブログ」とか「透析 ブログ」などのワードで常に上位にいた僕のブログなのですが、もうね、 ...

眠剤と下剤を処方してもらい、そしてサウナに行って大汗をかき水をガブガブ飲む習慣を持ってる人が、以前僕の透析ベッドの隣りで透析してました。(すごく元気な方でしたね) 正直なところ、僕は透析を始めて以来、眠剤も下剤も1度も処方してもらっていません。 まあ、最終 ...

2018年7月のデータが届きました(*'▽') 特に何か変わり映えする訳でも無いんですけどね。 おおお! 血清BMGがある(^◇^) 2018年7月の血液データ 血清BMG(β2MGB、βMGB、β2-ミクログロブリン、β2-マイクログロブリンなど)の数値は、透析医学会などの指標で、3 ...

ネット上では極端な意見が出やすいですよね。 昨今は何でもかんでも誰か1人の責任にしたがる傾向にあるように思います。 何かの問題に着けて、世の中全体の責任であるようなことは言われない気もします。 何でも医療のせいにするのは違うだろう かつて、お祭りで綿菓子 ...

現在、体調的にあまり良くない状況です。 まあ、根本的には血圧ですね(*'▽') 透析を受けているので、(慢性腎不全ですので)体調が悪いくらいは時々あってしかるべきと思いますからな。 仕方ありません。 ただ、こういう時は思考も低下しやすいですね。 「大らかに過 ...

そう言えば、僕の場合は2013年に腎臓がんで右腎を全摘しております。 その前提で言うのですが、これも血圧低下に影響してない? と思ったりもするんですよね。 血圧は下がるけど体液量は過剰??? 透析3年くらいの頃までは血圧低下でしんどかったのは、透析中に冷や汗 ...

透析医療という仕事は大変だとは思いますが、やりがいの持てる面白い仕事だと思います。しかし、残念ながら一方では単なるルーチンになってしまう危険性も持っていますね。 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ